このエントリーをはてなブックマークに追加

おなかの子にも安心

お腹を触る女性

安易に薬に頼らないで

妊娠中の悩みの一つに便秘が上がる人は少なくないと思います。特に、妊娠初期は便秘になりやすく、つわりとともに大きな悩みになってしまいます。平常時ならば便秘薬を飲んで出してしまえばすっきりするのですが、妊娠中はそうはいきません。妊娠中に安易に便秘薬を使用すると、腸を刺激する薬剤が同時に子宮も刺激してしまって最悪流産してしまう危険性があるのです。薬を使わずに治すにはまず健康的な食事と適度な運動が重要です。しかし、妊娠中、しかも初期のつわりを伴う状態では食事もとれず運動もできないでしょう。では妊娠中の便秘対策はどうしたらよいのでしょうか。簡単な方法はヨーグルトなどの乳酸菌を多く含んだ商品や、玄米などの食物繊維を多く含んだ商品を取ることです。そして、水分を多くとりましょう。

オリゴ糖が効果的

上記のような対策をとっても出ない人は一向に出ないということもあります。そんなときにはオリゴ糖を取ってみましょう。オリゴ糖は自然由来の糖の一種で、ビフィズス菌の大好物です。胃や小腸で消化吸収されにくいという特徴を持っているため、ビフィズス菌のいる大腸まで直接届くのです。オリゴ糖を食べて元気になったビフィズス菌の働きで腸内環境が整えられ、結果便秘が改善するという仕組みです。オリゴ糖は胃や小腸で消化吸収されにくいため、血糖値も上がりにくいのです。妊娠中で健康を気にする方には大変良い食材といえるでしょう。ビフィズス菌を含む食品と一緒に取ることによってより便秘解消効果が得られますので、ぜひ試してみてください。